花嫁の選択を検討

新譜の首から下

結婚式や披露宴後に着る花嫁の二次会ドレスについては、さまざまな考え方があります。そのなかで披露宴で用いたウェディングドレスカラードレスを購入する場合など、二次会でも使用することを考えたデザインにすることで費用を削減することができたり、披露宴に来ていない人にウェディングドレス姿を見せることができるというメリットもあります。 さらに、二次会にはあまりお金をかけられない新郎新婦も多いですが、花嫁の二次会ドレスについては、インターネット通販などでお手頃な値段で購入することができます。 さらに、披露宴に来たメンバーで二次会を行う場合は、花嫁の二次会ドレスとして特別なものを購入せず、手持ちのフォーマルドレスで出費を抑えるという工夫もしています。

もともと挙式披露宴後の二次会とは、新郎新婦の友人が主催するものでしたが、最近では二次会も新郎新婦が主催したり、大規模な披露宴を行わずに挙式の後親族だけの披露宴から、友人や職場の人を呼んで二次会をするなど、その様子や目的も様変わりしています。 最近では花嫁の二次会ドレスとして、披露宴で着用したウェディングドレスを裾を短めにするなど少し変えた形で用いるといったことがトレンドです。そして、披露宴をこじんまりとした代わりに二次会でたくさんの人を呼び、ケーキ入刀やキャンドルサービスを行う新郎新婦も増えています。そのため、花嫁の二次会ドレスとしては、ウェディングドレス形式のものやあでやかなカラードレスがトレンドです。

Menu

このエントリーをはてなブックマークに追加